D−アミノ酸学会会員各位
 前略
 平素は、本会の活動にご協力いただき誠に有り難うございます。
 昨年11月にお知らせいたしました「D−アミノ酸学会奨励賞」につきましては、奨励賞選考のための細則に従い、運営委員会委員により厳正な審査を行いました結果、以下の方の受賞が決まりましたので、お知らせいたします。
 なお、受賞者の方には、本年のIDAR2017(イタリア Varese,7/10-7/13)で記念講演をしていただく予定です。
【第6回D−アミノ酸学会奨励賞受賞者)】
■秋田紘長 氏 (産業技術総合研究所)

                           以上

-募集は終了しています(参考情報)-
募集開始は例年11月頃です。

D−アミノ酸学会 奨励賞の概要
D−アミノ酸学会に所属する、原則として40歳以下の若手研究者(大学等の教授、研究所や企業の長や責任者を除く)を対象としています。 原則として各年度に1〜2人の受賞を決定します。 表彰は、受賞者に賞状、記念品と金一封を贈呈いたします。 申請は、自薦・他薦を問いません。 申請にあたっては、履歴書(学会指定の書式)のほか、研究業績の概要(A4に2枚まで)と業績リスト(すべて学会ホームページからダウンロードできます)を、pdfに変換して学会事務局へメールで送付してください。
送付先:daa_award@d-amino-acid.jp
申請の締め切りは、各年度末(3月末日)です。
選考は、D−アミノ酸学会運営委員会により細則に従って行なわれ、受賞者には翌年度の研究会学術講演会(通常9月上旬)での授賞講演をお願いする予定です。

応募書類のダウンロード
1. 履歴書(.xls形式)
2. 研究業績の概要(.doc形式)
3. 業績リスト(.doc形式)

このページをPDF形式でダウンロードする

D-アミノ酸学会奨励賞アーカイブス

第5回受賞者
■伊藤 智和 氏
(名古屋大学)
■宇田 幸司 氏
(高知大学)


第4回受賞者
■片根 真澄 氏
(北里大学薬学部)
■高田 匠 氏
(東京薬科大学薬学部)


第3回受賞者
■掛川 渉 氏
(慶応義塾大学医学部)
■牟田口 祐太 氏
(秋田県立大学生物資源科学部)


第2回受賞者
■小田彰史 氏
(金沢大学医薬保健研究域薬学系)
■吉川尚子 氏
(静岡理工科大学理工学部)


第1回受賞者
■上里 彰仁氏
(東京医科歯科大学大学院 精神行動医科学分野)
■笹部 潤平氏
(慶應義塾大学医学部解剖学)

D-アミノ酸学会誌(旧:D-アミノ酸研究会誌)のページへ